親の介護は自分の未来~介護からお見送りまで体験記

親が要介護状態になった時の家族の介護から葬儀まで

生命保険スクエアbang!

親の介護について 

親の介護について

 

f:id:sabanonitsuke:20201226041206j:plain

母親の好きな風景

 


はじめまして。50歳後半の男性です。両親に介護が必要になった。

在宅介護? 介護施設? 介護保険の手続きは?

初めての経験で何をどうしたらいいのかわかりません。

そんなドタバタな日々、介護から葬儀までの経験を振り返ります。

専門の知識もなく自分なりに介護をスタートしましたが

親の介護でご苦労されている方や、将来親の介護をするであろう方に

少しでも参考になるように書いていきます。

このブログをお読みいただき共に頑張っていけるようになれば幸いです。

でも、あまり頑張りすぎないで たまには息抜きしながら

自分の体調に気を付けて過ごしてください。

皆さんの貴重なご意見は私の今後の人生の参考にさせていただきます。

よろしくお願いします。

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

  

親の介護プロローグ~生い立ち

 

私の育った家庭は父、母、長男の私、2歳下の妹の4人家族。

両親ともに兄弟が多く私が小学生くらいまでは、よくそれぞれの

実家に行き交流していました。

昭和30年~40年代の家庭は父親が働き、母親が専業主婦で家を守る

祖父母と同居して3世代で暮らす。こんなイメージです。

その頃の子世代が大人になり家庭を持ち夫婦共働きで、子供を

1人か2人授かって両親から独立して新居を構える。

そんな家庭が多いと思います。

家庭環境が変化していく中で医療の進歩とともに高齢化社会となり

両親が元気なうちはいいですが、身体を壊し介護が必要になったとき

私の場合は、私が40歳を過ぎて、両親が70歳を過ぎたころから

体調不良や認知機能の低下によって親の介護が必要になりました。

そんな誰しもが経験する介護の日常を振り返ります。

 

 

親の介護プロローグ~両親の事

 

母親は私や妹が独立して家を出るまで私たちを支えながら

父方の祖母の介護をしていました。

子育てと介護の両立は大変だったと思います。

祖母が亡くなり、私たちが家を出てからは

ペットの愛犬を我が子のように育てていました。

趣味も多彩で洋裁、油絵、旅行を楽しんでいました。

 

父親は公務員で家に帰れば亭主関白。家の事は母親に

まかせきりで週末の度に好きな登山に出かけていて

自分の母親の介護も母にまかせっきりでした。

 

 

親の介護プロローグ~私が大人になって

 

私が幼少期の頃は家族4人に介護が必要になった

祖母を引き取り母親が祖母の介護をするのを

間近でみてきました。

その頃は今ほど介護という言葉は聞かず、3世代同居も

多かった時代です。こんな日常が当たり前の事と思っていました。

時は流れ私が所帯を持ち私が両親の介護をする立場になり初めて

両親の介護の大変さを知りました。

仕事や日常生活をこなしながら親の介護をするのですが

何もかも予定通りにいきませんし、待ってもくれません。

それでも介護を続けられたのは家族や周りの方々の協力が

あったからこそです。

新規オープン予定の老人ホームを探す!

 

 

親の介護プロローグ~負担

 

両親の介護をして分かったことは、金銭的負担が重い事。

介護保険で賄えること以外にも、交通費や日用品や食品の

出費などが大変です。介護用品や介護施設費は保険で賄えるとは

いうものの付加価値サービスをプラスすれば予算オーバーに

なります。両親が話せる状態のうちに、もしもの時の費用負担の事を

話し合っておく必要があります。持ち出し分は介護する側の負担と

なりますから。

私が介護される立場になったとき子供たち(長男 結婚独立、

 長女 社会人同居)に金銭的負担はかけたくないので、

民間の介護保険や医療、生命保険に加入しています。

子供達には親の介護で精神的、肉体的負担はかけてしまうので

せめて金銭的負担だけはかけたくない思いからです。

 

 

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

 

親の介護プロローグ~心と体

 

介護される側は心身共に病んでしまったら

もう前へは進めません。

例え綺麗で設備が整った介護施設に入所してもです。

母を見ていてよくわかりました。

環境の変化についていけず、日々寝かされているだけでは

悪くなる一方です。

 

介護する側はどうでしょう。

仕事、家事、介護の毎日では、とても長期間の介護は乗り切れません。

気分転換に体作りをしましょう。

趣味を続けましょう、見つけましょう。

できれば毎日最低でも30分程度は

自分の時間を作りましょう。

それが明日への活力になります。

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

 ガーデニングでストレス解消👇

ガーデニングのアイリスプラザ

 

もみほぐし・足つぼ・ハンドリフレ・クイックヘッドのリラクゼーション店【りらくる】

それから、介護の先は、親の死と向き合う瞬間が訪れます。

両親の介護の備え=両親の葬儀へと直結してきますので

日頃から、親にもしもの時の話や備えについて

話し合う機会を設けましょう。

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

 

  

いい葬儀 バナー

 無料で両親や家族のお墓について相談する👇

相談無料のコールセンターでお墓のことなんでも相談「いいお墓」

それでは次号から私の介護体験を始めていきます。

日本最大級の葬儀ポータルサイト「いい葬儀」

 

主な登場人物 2020年現在

私 50歳後半 会社員

父親 故90歳

母親 故75歳

妹 私の2歳下

私の妻 私の1歳下

義母(妻の母親)現在85歳

ペット愛犬の芝ちゃん 故14歳

 

父親の介護体験👇

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

 

母親の介護体験👇

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

義母親の介護体験👇

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

 

叔母の介護体験👇

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

三井住友DSアセットマネジメント申込キャンペーン

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

親から私自身の介護の心配👇

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

 

 両親の介護を兄弟姉妹で分担体験👇

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

 

 

親の介護~私の独り言👇

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

 

両親の要介護認定👇

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

 

 親への介護で言ってはいけない事体験👇

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

 

 親の介護に民間介護保険で備える体験👇

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

 愛犬の柴ちゃんの介護体験特集👇

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

親の介護の為の老後資産特集👇

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

         ↓介護のブログ見れますよ。

にほんブログ村 介護ブログ 両親の介護へ
にほんブログ村 Subscribe in a reader

       ↑親の介護ブログ更新お知らせ

 

 

 

 

プライバシーポリシーについて - 親の介護は自分の未来~介護からお見送りまで体験記

お問い合わせフォーム - 親の介護は自分の未来~介護からお見送りまで体験記

 

 

 

 

 

その介護施設の評判は?

私の亡くなった母親は介護施設

の入所、父親はデイケアで介護

施設への通所でした。

介護施設の評判は?



母親の介護が私達家族にとって

初めての介護でしたので施設選び

は役所の言われるがままで決めて

しまいました。

なので介護施設の長所や短所を

把握しないまま母親を入所させて

しまい、ただ寝かされているだけ

の介護生活で母親の寿命を縮めて

しまっただけでした。

入所者同士の会話の場も施設内の

散歩などもなく私が見舞に行く度

に顔色が悪くなり無口になって

いった母親に介護初心者の私は

今でも後悔の念が絶えません。

 

介護施設選びというのは介護経験

のある友人や知人に評判を聞く事

が一番であると思います。

親の介護施設選びという私と同じ

立場の人からの実体験や入所を

している親の口コミが一番信憑性

があるからです。

施設側や役所の紹介はあくまで

参考程度に捉えて最後は自分の目

や耳で吸収した情報で決断する

べきです。

ネットの情報は在宅で出来て大変

便利ですが偽の口コミも多くて、

親の一生を決めるような大切な

介護施設選びをどこの誰かも知ら

ない人の情報で決めてしまう事は

非常に危険であると思います。

 

老人ホーム・介護施設の検索なら【LIFULL介護】

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

         ↓介護のブログ見れますよ。

にほんブログ村 介護ブログ 両親の介護へ
にほんブログ村 Subscribe in a reader

       ↑親の介護ブログ更新お知らせ

 

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

 

プライバシーポリシーについて - 親の介護は自分の未来~介護からお見送りまで体験記

 

お問い合わせフォーム カテゴリーの記事一覧 - 親の介護は自分の未来~介護からお見送りまで体験記

入所待ちの優先順位の現実

民間の介護施設の場合、特に人気

介護施設の場合は順番待ちを

しなければならない。

介護施設の優先順位



果たして順番通りに入所できるか

答えはNoの場合が多いという事。

要介護1よりは要介護3というよう

に介護報酬の多い方が優先される

ケースが多いという事。

 

私の母親が独りで身の回りの事を

出来なくなり特養ホームを退所

させられて民間の医療付介護施設

を申し込んだとき、私の母親は

要介護4、母親より先に申し込んだ

方が2名いてその方たちは要介護3

でしたが先に入所できたのは私の

母親の方でした。

介護報酬が高く介護施設と言えども

営利を求めるならば報酬が高い方が

優先されたとしても不思議ではない

ですよね。

そのような施設もあれば申し込みの

順番通りに入所させてくれる施設も

あるとは思いますが。

母親が医療付介護施設に入所できた

時は『意外と早く入所出来たな』と

思っていましたが、母親より先に

順番を待っていた家族の方たちに

とっては、本当に理不尽な?思いを

したのではないかと申し訳ない様な

気持です。

老人ホーム・介護施設の検索なら【LIFULL介護】

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

         ↓介護のブログ見れますよ。

にほんブログ村 介護ブログ 両親の介護へ
にほんブログ村 Subscribe in a reader

       ↑親の介護ブログ更新お知らせ

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

プライバシーポリシーについて - 親の介護は自分の未来~介護からお見送りまで体験記

 

お問い合わせフォーム カテゴリーの記事一覧 - 親の介護は自分の未来~介護からお見送りまで体験記

介護方法の変更 義母親の場合

入所介護を選択したものの その後

親の元気のない表情や家に帰りたい

という訴えで入所介護から通所介護

に変更かどうかを前号で書きました

義母親の介護方法の変更

が、私達家族のケースを見てみると

(義母親(私の妻の母親)のケース

)ですが、今まさしくこのケースで

私の妻や妻の兄妹が模索中なのです

 

コロナ禍もあり介護施設への入所来

施設内での交流や外部との面会も

限られる状況に義母親は『家に戻り

たい。』と訴えています。

家族は、自分たちは在宅介護という

仕事?から解放されたものの最近は

後悔(親の介護を放棄してしまった

)という罪悪感もあり介護方法の

変更が出来るのか?を模索し始め

ました。

まず私の妻が介護施設のケアマネに

相談して入所から通所への変更可か

どうか?を確認したところ『大丈夫

ですよ。』との解答がありましたが

一度入所から通所にすると今まで

義母親が使用していた部屋を空けて

おくわけにはいかないので、新しい

入所者が使用する事になる事や、

通所になり家族の事情で数日義母親

の面倒が見れない場合はショート

ステイという形で別フロアの短期

滞在用の個室にてステイする事など

を説明され更にまた介護施設への

入所を希望される場合は余裕を持ち

数カ月前には意思表明して欲しい事

を説明されました。

介護施設営利企業ですから空室を

作らず新しい入所者を確保する事は

当然の流れであると思います。

老人ホーム・介護施設の検索なら【LIFULL介護】

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

         ↓介護のブログ見れますよ。

にほんブログ村 介護ブログ 両親の介護へ
にほんブログ村 Subscribe in a reader

       ↑親の介護ブログ更新お知らせ

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

プライバシーポリシーについて - 親の介護は自分の未来~介護からお見送りまで体験記

 

お問い合わせフォーム カテゴリーの記事一覧 - 親の介護は自分の未来~介護からお見送りまで体験記

介護施設を入所から通所へ変更?

親を介護施設に入所させてから

暫くたつと親の介護を放棄して

しまったのではないか?という

罪悪感に苛まれる家族もいると

聞きます。

介護をデイケアへ?



今迄在宅介護で親を介護して

きて、仕事や家庭の事情で在宅

での介護が困難となり介護施設

への入所をさせた家族の決断。

最初の内は親の介護からの解放

感で心身ともに安定してくる家族

ですが親を介護施設に入所させて

暫くすると親を介護施設に見舞に

行った際の親の元気のない顔を

みたり、親の『家に帰りたい。』

という訴えを聞き、私達家族は

『親の介護を放棄してしまった

のではないか?』という罪悪感?

で日々葛藤する家族が多いよう

です。

そんな家族の要望に応えてくれる

介護施設もあるのでまずは親の

介護施設に問い合わせをしては?

方法的には、入所介護を通所介護

へと変更し、デイケアで引き続き

今迄の介護施設にお世話になる

方法です。

デイケアへの変更ですから親が

今迄使用していた部屋は他の方が

入所されることとなりますので、

家族が所用で家を空ける時には

ショートステイ介護施設に世話

になる事になります。

入所希望者が多くデイケアの空き

がない、通所介護にしたものの、

やはり入所介護に戻したいなど

後で変更が効かずに八方ふさがり

にならないように事前に介護施設

の施設長やケアマネージャーへの

相談や確認は必ず行ってください

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

老人ホーム・介護施設の検索なら【LIFULL介護】

         ↓介護のブログ見れますよ。

にほんブログ村 介護ブログ 両親の介護へ
にほんブログ村 Subscribe in a reader

       ↑親の介護ブログ更新お知らせ

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

プライバシーポリシーについて - 親の介護は自分の未来~介護からお見送りまで体験記

 

お問い合わせフォーム カテゴリーの記事一覧 - 親の介護は自分の未来~介護からお見送りまで体験記

親~私の介護の心配㉚力仕事の限界

私の仕事は営業職ですが納品を

伴う仕事をしていますので体力

も求められる仕事です。

高齢者と力仕事



20~40歳までは当たり前の

ようにこなしていた仕事も60歳

間際の私にとっては体力も落ち

疲れが抜けない年頃?となり、

体のリカバリーの為のケアも

欠かせません。

首や肩、背中、腕、腰、手首

足首 そしてふくらはぎと、

帰宅後の風呂上りと深夜の出勤前

のストレッチは欠かせません。

一度でも怠ると首、肩、腰に痛み

が出て、この年になると回復まで

1週間から10日かかります。

また急な気温の低下や降雨などで

各部位の痛みや痺れも出ますので

我ながら情けない限りです。

ただ豊かな老後を迎える為には、

働く事は大事ですし、要介護に

ならない身体ケアもしないと、

定年になって気が抜けた瞬間に

体調を崩しかねませんので毎日

ストレッチは欠かさず行います。

私は元々体が硬いので人よりも

回復力が遅く、ケアを怠ると

痛めた部位を庇っているうちに

反対側の部位を痛める悪循環に

苦しみましたのでストレッチ等

の身体ケアは欠かさず行います

10年、20年後に要介護になるか

自分で何でもできるかの分岐点

になると思っているからです。

老人ホーム・介護施設の検索なら【LIFULL介護】

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

         ↓介護のブログ見れますよ。

にほんブログ村 介護ブログ 両親の介護へ
にほんブログ村 Subscribe in a reader

       ↑親の介護ブログ更新お知らせ

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

プライバシーポリシーについて - 親の介護は自分の未来~介護からお見送りまで体験記

 

お問い合わせフォーム カテゴリーの記事一覧 - 親の介護は自分の未来~介護からお見送りまで体験記

親~私の介護の心配㉙頚椎症と向き合う

親の介護が終わり私自身の体調に

異変が出てから数年が経ちました

頚椎症から介護への不安



仕事は営業職ですが納品も伴う為

一つ20キロ近い荷物を二つ両手で

持って納品という業務を続けて、

10年程、頸椎が悲鳴を上げてきて

特に左の手足がしびれと鈍痛で

左手の握力は半分以下になりまし

た。

物忘れ等は加齢による認知症

走りですが、頚椎症は職業病です

こんな感じで将来の退職後の生活

を楽しめるのでしょうか?

頚椎症は整形外科で首の牽引を

したり、コルセットで固定して

みたりと治療はしているのですが

なにせ重い荷物の納品は日々の

仕事で続けているので良くなる

はずもなく。

整形の先生曰く『治療後は安静に

』というお決まりの文句ですが、

安静になど出来ないのが現実です

心の病、身体的な病など高齢に

なるとまさしく満身創痍の状態で

それでも自分の為、家族の為に

出来るだけ長く働くという日本の

男性諸君たちですが、これが日本

人の長所であると同時に最大の

短所であると思っています。

退職まで、退職後何年か延長して

働いて、ようやく豊かな老後と

いう時には身も心もボロボロと

いうパターン多いらしいです。

日本人の平均寿命も女性に比べ

男性は10歳ほど短いですから。

何とか心身ともに悪くなる一方

ではなく、身心をケアしながら

体調維持に努め退職後は元気な

状態で日々楽しみたいものです

 

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

老人ホーム・介護施設の検索なら【LIFULL介護】

         ↓介護のブログ見れますよ。

にほんブログ村 介護ブログ 両親の介護へ
にほんブログ村 Subscribe in a reader

       ↑親の介護ブログ更新お知らせ

 

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

プライバシーポリシーについて - 親の介護は自分の未来~介護からお見送りまで体験記

 

お問い合わせフォーム カテゴリーの記事一覧 - 親の介護は自分の未来~介護からお見送りまで体験記

 

親~私の介護の心配㉘自分を見失う怖さ

両親の介護や見送りを終えた今

私の年齢も60歳近くとなり、

近い将来の自分自身を心配する

日々が続きます。

私の最期を家族に見送ってもらうために

そのきっかけは両親の介護体験も

ありますが父親が自閉症であった

事実も大きな要因の一つです。

認知症などで自身を見失った行動

で周囲に迷惑を掛ける事や、もし

父親からの遺伝で自閉症を受け継

いでたら私が要介護状態になった

際に私ではない自分が家族に対し

酷い行動をしてしまうのでは?

という不安や恐怖を感じています

両親の生前に父親が母親に対して

起こした突発的な行動(暴言や

暴力、突然消える 等)

そんな事を認知症自閉症などの

影響で苦楽を共にしてきた家族に

対して、してしまうのではないか

自分ではない自分が愛する家族を

苦しめてしまうのではないか?と

いくら家族の為に将来の備えを

していたとしても自分の最期に

家族から『やっと解放される。』

などと言って欲しくないですし

葬儀では私との楽しかった思い出

を語ってほしい。

そんな思いで寝たきりや要介護に

なり家族に負の自分を見せない

ように、自分が自分でない行動を

取らない為の心身ともに健康な

状態でいる事への模索を続けて

います。

 

もみほぐし・足つぼ・ハンドリフレ・クイックヘッドのリラクゼーション店【りらくる】

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

         ↓介護のブログ見れますよ。

にほんブログ村 介護ブログ 両親の介護へ
にほんブログ村 Subscribe in a reader

       ↑親の介護ブログ更新お知らせ

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

プライバシーポリシーについて - 親の介護は自分の未来~介護からお見送りまで体験記

 

お問い合わせフォーム カテゴリーの記事一覧 - 親の介護は自分の未来~介護からお見送りまで体験記

親~私の介護の心配㉗父親からの遺伝?

父親が幼少時から自閉症であった

事が判って自閉症認知症と症状

が似ている事や自閉症は親からの

遺伝によることがある事がわかり

60歳近い私も非常に心配になり

ました。

父親からの自閉症の遺伝が不安



自閉症は先天性であり父親が子供

の頃から患っていた事や今思えば

私の幼少期~学生時代に見てきた

父親の行動パターンが、まさしく

自閉症の行動に当てはまっており

その父親の行動に母親が日々悩ま

されていた事を思い出します。

私も自閉症という症例が主に父親

から子へ受け継がれるという一説

を読み、自分の将来にも不安を

覚えます。

私は今まで生きてきた中では特に

突発的な行動や突然感情的になる

といった経験はありませんが、

これから60歳を超えて高齢になり

心身の不調から要介護の症状に

なった時に父親のような症状が

現れたりしないか?と不安になり

ます。

もみほぐし・足つぼ・ハンドリフレ・クイックヘッドのリラクゼーション店【りらくる】

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

         ↓介護のブログ見れますよ。

にほんブログ村 介護ブログ 両親の介護へ
にほんブログ村 Subscribe in a reader

       ↑親の介護ブログ更新お知らせ

 

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

プライバシーポリシーについて - 親の介護は自分の未来~介護からお見送りまで体験記

 

お問い合わせフォーム カテゴリーの記事一覧 - 親の介護は自分の未来~介護からお見送りまで体験記

父親の介護編㉕自閉症は遺伝するのか?

父親が自閉症発達障害)が父親の

形見の中に紛れていた祖母の日記~

父親の自閉症 遺伝の心配

判明して私も妹もショックと同時に

父親の数々の奇行にも納得しました

ただ認知症と類似している部分も

多く、今となっては判りませんが

認知症の場合は薬で進行を遅らせる

事が出来ますが、自閉症の場合は

先天性で特に有効な投薬?はない

ので、自閉症の方が認知症の薬を

飲んでも効果はない事になります。

 

父親が先天性の自閉症を抱えながら

生きてきて、母親の死をきっかけに

認知症も発症し2つの症例を持って

介護~最期を迎えたと思っています。

 

私が不安に思う事は自閉症という

発達障害は先天性との事ですが、

遺伝はあるのか?という事です。

父親の祖母や祖父は自閉症だった

のか? また長男である私にも

遺伝しているのではないか?という

不安もあります。

調べた限りでは、自閉症は親から

子へ遺伝する事があると明記されて

いて、母親よりも父親から遺伝し

やすいと書かれていましたので非常

に不安です。

私自身は60年近く生きてきて未だ

父親のような行動をしたことは

ありませんが、これからさらに高齢

となり、認知症を発症した中で、

もしかしたら先天性の自閉症の症状

が目を覚まし、家族に迷惑をかける

のではないかと不安になります。

認知症の方も入居できる老人ホームを探すなら

 

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

         ↓介護のブログ見れますよ。

にほんブログ村 介護ブログ 両親の介護へ
にほんブログ村 Subscribe in a reader

       ↑親の介護ブログ更新お知らせ

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

プライバシーポリシーについて - 親の介護は自分の未来~介護からお見送りまで体験記

 

お問い合わせフォーム カテゴリーの記事一覧 - 親の介護は自分の未来~介護からお見送りまで体験記

 

 

 

 

 

 

父親の介護編㉔自閉症(発達障害)と認知症

亡くなった父親が自閉症だったとは

驚きでした。

父親の自閉症認知症

私の妹が父親の形見分で貰った本の

中に祖母が父親に充てた日記が紛れ

ており、そこに父親の自閉症の事

発達障害の事)が明記してあり

私達家族が知る所となりました。

 

自閉症について調べてみると

自閉症発達障害)は先天性とあり

幼少期から症状があり、進行性は

ないとの事。

勉強熱心で大学まで出ている父親が

発達障害を自覚していたかどうかは

判りませんが、思い起こせば対人

関係が苦手で大勢の人前で話す事が

苦手な人で、最近の事例としては

母親の葬儀を当然ながら父親が喪主

をやる予定でしたが、ソワソワと

不安定になり長男である私が喪主を

務める事になりました。

また生前の母親と父親との口喧嘩で

母親の口撃に対して言葉で言い返す

事が出来ずに感情が爆発したり手が

出る行動が度々見られました。

そして不安になると特に集中力が

なくなり、じっとしていられない

ふっとその場からいなくなるなどの

行動が多々ありました。

自閉症発達障害)の事を父親本人

が何処まで自覚していたのか?は

今となっては判りませんが父親が

高齢になり母親が亡くなった事で

認知症を発症した後の一連の行動

は果たして認知症だったのか?

自閉症だったのか?と迷う程この

二つの症状は類似している点が

多いと思いました。

認知症の方も入居できる老人ホームを探すなら

これは私の想像ですがこんな父親

の病気を知らずに父親と結婚した

母親は、父親の突発的で感情的な

行動に苦労したのではないかと

思っています。

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

         ↓介護のブログ見れますよ。

にほんブログ村 介護ブログ 両親の介護へ
にほんブログ村 Subscribe in a reader

       ↑親の介護ブログ更新お知らせ

 

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

プライバシーポリシーについて - 親の介護は自分の未来~介護からお見送りまで体験記

 

お問い合わせフォーム カテゴリーの記事一覧 - 親の介護は自分の未来~介護からお見送りまで体験記

父親の介護編㉓ ふっと消える。

今思えば父親の自閉症の行動は

多々ありました。

突然消える父親

家族で旅行や食事に行き突然

ふっと 何処へ行くともいわずに

いなくなる父親。

『トイレに行ってくる』とか

『○○へ買い物に行ってくる』等

家族に一言言ってから出かける

事はなく、まさに ふっと消える

いなくなるシーンが数多くありま

した。

まだ地元での日常であれば良いの

ですが、私は幼少期に父親に朝早く

起こされ登山に連れていかれたの

ですが、登山の途中で急に私を置

いていなくなる瞬間があった事を

今でも覚えています。時間にして

1~2分の事だったとは思います

が、見ず知らずの場所で急に父親

が私の視界から消えた時の不安な

気持は今でも私の脳裏に焼き付い

ています。

この父親の行動は母親が亡くなり

徐々に認知症、要介護になった

父親の行動にも出ていました。

何も言わずに外に出て(本人は

散歩のつもり)迷子になり、

警察に保護されたりとか、近く

のスーパーに買い物に行き突然

いなくなったり等、自閉症を思わ

せる行動は要介護、認知症が進行

してもありました。

今となってはふっと消える行動が

自閉症特有の行動?かは判らない

ですが。

認知症の方も入居できる老人ホームを探すなら

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

         ↓介護のブログ見れますよ。

にほんブログ村 介護ブログ 両親の介護へ
にほんブログ村 Subscribe in a reader

       ↑親の介護ブログ更新お知らせ

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

プライバシーポリシーについて - 親の介護は自分の未来~介護からお見送りまで体験記

 

お問い合わせフォーム カテゴリーの記事一覧 - 親の介護は自分の未来~介護からお見送りまで体験記

父親の介護編㉒相手の気持ち

父親が自閉症だったと祖母の日記

で判明した訳ですが今思えば私達

家族には家族会議?一家団欒で

言いたい事を言い合う環境は皆無

でしたね。

相手の気持ちが判らない父親



例えば父親から『今度の夏休み旅行

はどこ行きたい?』とか。

『今度の外食は何食べたい?』など

世間一般で日常で当たり前の様に

会話されているような風景が思い出

せない?というか、なかったですね

何処へ行くにも何を食べるにも、

すでに父親が決めていて他の家族は

決まった事に従うだけ?という感じ

でしたね。

私が60歳近くになって判明した父親

自閉症ですから、あくまでも

今思えば ですが感情表現や相手の

気持に寄り添って考える事は出来て

いなかったと思います。

両親の口喧嘩から父親が癇癪を起し

口では対抗できずに手を出すなどは

何度目にしたか分かりませんし、

母親もそんな父親の行動や態度に

苦労していたと思います。

そこで1つの疑問があるのですが

母親は父親が自閉症であることを

父親や祖母から聞いたうえで結婚

を決めたのでしょうか?

これは私の想像ですが父親の自閉

症の事は知らずに?伝えられずに

母親は父親と結婚し私や妹を授か

ったのではないかと思っています.

認知症の方も入居できる老人ホームを探すなら

 

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

         ↓介護のブログ見れますよ。

にほんブログ村 介護ブログ 両親の介護へ
にほんブログ村 Subscribe in a reader

       ↑親の介護ブログ更新お知らせ

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

プライバシーポリシーについて - 親の介護は自分の未来~介護からお見送りまで体験記

 

お問い合わせフォーム カテゴリーの記事一覧 - 親の介護は自分の未来~介護からお見送りまで体験記

父親の介護編㉑自閉症の事例

祖母の父親に充てた日記の中で

父親が自閉症であったことが判明

父親の自閉症の症状



それは父親が社会人になっても

完治することなく、母親と結婚し

私や妹が出来て生活してきたのだが

今思えばだが、父親の母親に対する

癇癪や暴力なども思い出されます。

私の幼少期から社会人になる迄の

両親との同居中にも両親の口喧嘩

から始まり、感情を言葉に出来ず

に父親が怒り出すパターンは多く

見られました。

父親は定年まで仕事を全うして

私達家族の為に真面目に働いて

いましたが私達家族の前や人前で

話す事が苦手で自分の気持ちを

相手に伝える事や相手の気持ちを

考えて相手に寄り添う行動や表現

が出来なかった人でした。

それは父親が認知症になっても

変わらなかったように思います。

急な来客など(私達家族も含め)

イレギュラーな事態に対応出来ず

パニックになってしまう事など。

その典型が母親が介護入院を経て

亡くなり、父親が喪主をする時も

周りが見えず不安定となり結局

長男である私が喪主をやる事に

なりました。

自分の気持ちを言葉にして伝えら

れない、相手の気持(言葉)が、

理解できない、イレギュラーに

対処できずパニックになる等々

今となって父親が自閉症であった

とわかり思い当たる事は多々あり

ますね。

認知症の方も入居できる老人ホームを探すなら

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

 

         ↓介護のブログ見れますよ。

にほんブログ村 介護ブログ 両親の介護へ
にほんブログ村 Subscribe in a reader

       ↑親の介護ブログ更新お知らせ

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

プライバシーポリシーについて - 親の介護は自分の未来~介護からお見送りまで体験記

 

お問い合わせフォーム カテゴリーの記事一覧 - 親の介護は自分の未来~介護からお見送りまで体験記

父親の介護編⑳ 自閉症

今日妹から連絡があり、亡くなった

父親の形見分けで貰った本の中から

祖母(父親の母)から父親に充てた

日記帳が出てきたと連絡があった。

父親の自閉症の判明



殆どが父親の趣味であった山の文献

であったがその中に紛れるように、

祖母が父親に充てた日記?が紛れて

いたらしい。

妹が断捨離の一環で本の整理をして

いる時に見つけたらしいのだ。

その日記の中に父親の自閉症の事を

書いた文章があったそうだ。

『○○は勉強熱心で読み書きが得意

な自慢の息子。だけど幼少時から

自分の思いが相手に伝わらない時

や相手の言葉が理解できない時に

感情が爆発し収拾がつかなくなる

それは○○が大学を卒業して社会

に出ても変わる事はありません

でしたね。』と、父親が自閉症

あった事を書いてあったという。

確かに私が子供の頃の記憶にも

直ぐに腹を立てて怒り出す父親

のイメージがあった。

それは母親の在宅介護を父親が

やっていた時期にも要介護の母親

に急に腹を立てて怒り出す父親の

姿が思い出された。

祖母が日記の中で自閉症と明記

している事、度々出て来る先生

という表記から父親の幼少期に

病院で自閉症と診断されたものと

思われます。

認知症の方も入居できる老人ホームを探すなら

 

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

         ↓介護のブログ見れますよ。

にほんブログ村 介護ブログ 両親の介護へ
にほんブログ村 Subscribe in a reader

       ↑親の介護ブログ更新お知らせ

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

プライバシーポリシーについて - 親の介護は自分の未来~介護からお見送りまで体験記

 

お問い合わせフォーム カテゴリーの記事一覧 - 親の介護は自分の未来~介護からお見送りまで体験記

母親の介護編㉚素人が病名を特定するには?

生前の母親が平らな場所で転倒を

繰返し、その後筋力がなくなり

要介護になり、寝たきりの介護を

強いられました。

母親の病院巡りの日々



例えば風邪をひく、高熱が出る、

手足を打撲した、捻挫したなどは

私達でも症状が把握でき何処の

病院へ行けばいいかわかります。

しかし今まで経験した事のない

症状が出た時に私達はどの病院の

何科に行けばいいのでしょうか?

私達は母親に今までにない症状が

出た時(後にパーキンソン病

判明)まず近くのかかりつけ医に

受診しました。その後整形の病院

を紹介され、病名判明迄遠回りを

する事になりました。

親やその家族が初めての症状に

遭遇した時に病名が判らない病気

の場合はまず○○科に行きましょう

とか、病名を判明させる新しい○○

科というものを新設し周知して頂き

たいものです。

そうする事で私の亡くなった母親の

ような病名が判らずお門違いの治療

をして寿命を縮めるような事は無く

なると思いますし、『親に今迄ない

症状が出たら○○科でまずは病名を

判明させて今後の治療方針を決めて

行きましょう』と皆わかっていれば

親も家族も安心できるはずです。

老人ホーム・介護施設の検索なら【LIFULL介護】

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

         ↓介護のブログ見れますよ。

にほんブログ村 介護ブログ 両親の介護へ
にほんブログ村 Subscribe in a reader

       ↑親の介護ブログ更新お知らせ

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

sabanonitsuke.hatenadiary.jp

 

プライバシーポリシーについて - 親の介護は自分の未来~介護からお見送りまで体験記

 

お問い合わせフォーム カテゴリーの記事一覧 - 親の介護は自分の未来~介護からお見送りまで体験記